• HOME
  • ギタリストさんマルチエフェクターでハウリング

TOP1

初心者ギタリストさんで、マルチエフェクターを使っている人は多いと思うんです。
マルチって何でも入ってるし、何買うか迷わなくていいから、エフェクター買う時に店員さんもお勧めしてきますもんね。

んでそのマルチエフェクターですが、実は基本的なことがわかってないと、ピ〜ピ〜とハウッてしまうんですよ。

話としては単純です。
まずは、アンプの音量とエフェクターの音量が合ってない場合です。

エフェクターを全部オフの状態、つまりドライの状態にしてみて下さい。
それでアンプから出てくる音量は、適切ですか?

そして、エフェクターをオンにして下さい。
音量が極端に変わってないですか?

つまり、アンプかエフェクターのどちらかで、無理矢理音量を上げていたり、逆に押さえたりしていて、両方の音量が合ってないと、ハウリングを起こすのです。

どうも、こういった説明はマルチエフェクターの説明書にも書いてあるらしいです。

初心者ギターさんでマルチエフェクターを使っている人、ハウリングを起こして原因が何だかわからずにあたふたしている人を、よく見ます。

それは、この「アンプとエフェクターの音量が合っていない」ということが原因である場合が多いので、日頃から音量を合わせる様にしましょう。

 

そして、別の記事でも書いてますが、初心者さんはマルチエフェクターでドンシャリの激歪みの音色を使っていることが多いので、そういう場合です。

激歪みの音色って、まさにお部屋で楽しむための設定です。
これを大音量のライブハウスとかの機材で鳴らすと、歪みすぎでハウルんです。

大きい、出力の高いアンプでの演奏経験がないと、この激歪みが使えないっていうことは、知らないですもんね。
そういうことなんです。
使えないんですよ、その音色。