• HOME
  • PAのことなんか信用してない?

TOP1

PAのことなんか信用してない?

ネットで色々記事を読んでたんですね。
そしたら、「オレ、PAのことなんか信じてないから」的な発言があったんですよ。

悲しいこと言うなよぉ、オイ…(苦笑)。

まぁ確かに「そとおと」のバランスの取れていないライブって、よくありますね。
ギターソロが聞こえないとか、鍵盤ばっかり爆音とか、どうしてそんなバランスでOKなんだ?っていうのが…。

これってきっと、リハの時にPAさんがちゃんと出演者とのコミュニケーションをとっていない結果なんだと思うんですよ。
店主が自分がどこか別のハコでライブをやる時の話なんだけど、何も言ってこないし聞いてこない様なPAさんとか、結構いるもん。

PAさんから何かを言えば「オレはお客様なんだぞ、余計なこと言うな」的に出演者から反発されることがあるので、だったら面倒臭いから最初から何も言わない、ってことなんでしょう。
あとは、アマチュアバンドのライブをナメてて、ハナから手抜きオペレーションしかしない、コミュニケーションなんて要らない、っていう考えのPAさんとかもいると思います。

そんなことを経験すれば、そりゃぁ確かにPAさんのことを信用なんてしなくなるってもんです。

 

コミュニケーションをとるPAさんかどうか

ただ、全部が全部、そういうPAさんな訳じゃないですよね?
要は、PAさんがちゃんとコミュニケーションをとる人かどうか、だと思うんですよ。

何も言ってこない、何も聞いてこないPAさんは、やはりあまり信用してはいけないかも知れないですね。
ただし、バンドさんの出音とバランスがバッチリキマっているから、あえて言う必要も聞く必要もない、ということはあり得るので、それが100%ではないですけどね。

でも、何も言ってこないPAさんがいいPAさん、ということは決してはないですからね、間違えないで下さいよ(笑)!
「あそこのライブハウスはPAさんが何も言ってこないからやり易い」じゃなくて、それ、大体の場合は単に手ぇ抜かれてるだけですから。

PAさんがちゃんとコミュケーションをとってくるかどうか、で、信用できるできないを判断しましょう。
だって、バンドが一発でバランスの取れた音を出してくる可能性って、かなり低いですよ。
ほぼ間違いなく、誰かの音を下げたり、誰かの音を上げたりということが必要で、それをPAさんから演者に指示しないといけないんです。

それをPAさんが何も言わなかったとしたら…。

えっと、勘違いしないで下さい。
PA側でフェーダーを上げ下げしても、あまり解決なんてできませんからね。
ギターアンプの音量を下げる、とか、演者側の設定を変えないと問題は解決しないことがほとんどです。
あちら側でうまくやってくれているだろう、という希望的観測はほぼ虚しい結果になり、バランスの悪〜いライブになっています。

PAオペレーションは、コミュケーションが大事!
コミュニケーションをとることで、出演者とお互いに協力し合って、いい音を作っていくのが正しいPAオペレーションっていうもんでしょう。